起業資金を集める方法一覧

新規事業を始めるための資金調達方法

資金は、自分で用意するか?他人から借りるか?

会社設立の申請については、さまざまな書類の準備や労力が必要となります。 一人ですべての手続きをされるとなると、かなり不安で面倒だと思われますよね。 そして準備資金はいつのタイミングで必要か? 事前に知っておくと案外スムーズに実行できるかもしれません。 こちらでは、そのプロセスを簡単に説明します。

起業まで実際いくらかかる?

資金集めの前に、実際の金額を知っておくことも重要です。 意外と必要となる経費もありますので、あとで予算オーバーとなり慌てないためにも、しっかりと把握しておく必要があります。 また、何にいくらかかるのか事前に知識を得ることで、出資者への金額提示の際の説明にも役立ちます。

知っておきたい会社設立までの流れとお金がいるタイミング

資金を用意するには、大きく分けて「出資」と「融資」の2種類あります。
「出資」とは、自分または他人の資産からの投資で、返済する必要がなく、自由に資金を使うことができます。
しかし、出資者に経営権を持たれる、配当金の還元が必要などのデメリットがあります。
最近は、インターネット経由で不特定多数の出資者を募ることができる、「クラウドファンディング」(ソーシャルファンディング)と呼ばれる方法もあります。
一方、「融資」とは、親戚や知人、銀行や日本政策金融公庫、地方自治体などから借りる事を意味します。
こちらは借入ですので返済の必要があります。
親戚や知人からの融資については、借りやすいということがありますが、返済が出来ないと信用を失うというデメリットがあります。
銀行融資の場合、大手メガバンクだと支店が多く、利用しやすいというメリットがありますが、個人事業主や小規模の会社では信用がなく、審査が通りにくいので申請までのプロセスが必要、また、金利が発生するというデメリットがあります。
自営業や小規模経営での起業の場合は、日本政策金融公庫や地方自治体から借り入れを検討しましょう。
リスクが少なくて済みます。
また、創業前後で申請可能、返済不要である、補助金や助成金の制度も利用したいものです。
但し、申請にはノウハウが必要ですので、税理士や中小企業診断士などに相談する必要があります。
また、後払いであるため、それまでの資金を確保しないといけません。

資金がない!起業できる?

自分の貯金や資金がまったくないから、これから起業して儲けようと思っているのに!と考える方も多いのではないでしょうか。 では、経営者本人に資金や財産がなく起業しようとする場合、起業することは不可能なのでしょうか? その際にチャレンジできるいくつかのアイデアをまとめてみました。


ページ
Topへ